home2.pnghome2.png



春の七草は 、セリ 、ナズナ(ペンペングサ) 、ゴギョウ(ハハコグサ) 、ハコベラ(ハコベ) 、ホトケノザ(コオニタビラコ)[注:図鑑に載っているホトケノザとは別の植物] 、スズナ(蕪) 、スズシロ(大根)  
の事で、室町時代から七草という言葉は残っています。

春の七草.jpg

七草(ななくさ)は、人日の節句(1月7日)の朝に、7種の野菜が入った粥を食べる風習のこと。この7種の野菜を刻んで入れたかゆを七草がゆといい、邪気を払い万病を除く占いとして食べる。呪術的な意味ばかりでなく、御節料理で疲れた胃を休め、野菜が乏しい冬場に不足しがちな栄養素を補うという効能もある。
本来は旧暦の1月7日であるので、年によって違うが1月の終わり頃から2月の後半にかけての季節であることになる。

nextpage.png