home2.pnghome2.png



植物はふつう、寒さが苦手。だから冬はとても苦手なんだ。その冬を越す準備として、寒さに弱い植物は、秋に花を咲かせているの。そして、寒さに耐(た)えるために固い殻(から)のついた種子の状態で冬を過ごすんだよ。

葉っぱは、夜の長さを計って季節の訪れを予知しているんだ。夜の長さは、温度より2か月前に変化するんだよ。一番夜が短い夏至がきた後に暑い夏が来る。それを感じ取った葉っぱは、信号を花芽に送り、秋に花が咲くように準備するんだ。(参照:昼と夜の時間と気温の変化グラフ)

逆に、暑さに弱い植物は、夏を種子で過すために、春に花を咲かせているんだ。タネ.jpg昼と夜の時間グラフ.jpg

nextpage.png